久我山 | 臨床経験が豊富なスタッフがあなたの凝りをマッサージ致します。

Good Cure


交通事故によるむち打ち|交通事故によるむち打ちでお悩みの方は久我山南口接骨院までご相談ください|杉並区久我山駅南口徒歩1分

今回はむち打ちについて紹介します

むち打ちとは

交通事故により頸椎(首の骨)に急な衝撃が加えられ、頸椎だけでなく頸椎周辺の筋肉や靭帯・神経・血管など、様々な組織が損傷を受ける疾患です。むち打ちの名称として「外傷性頸部症候群」・「頸椎捻挫」と呼ばれますが、交通事故や転倒時などの特徴的な受傷機序により、むち打ち症(ムチウチ症・鞭打ち症)・むち打ち損傷と呼ばれます。
また、損傷部位や損傷程度により「頸椎捻挫」・「頸部交感神経症候群(バレ・リュー型)」・「神経根型」・「脊髄型」に分類されます。



むち打ちの原因

むち打ちの原因は自動車事故(主に追突された際に起きるもの)で発生する場合が多いですが、転倒やラグビーなど接触の激しいスポーツでも発生します。
交通事故の場合、後方や側方から追突を受けた際の激しい外力により、頸椎がムチがしなるように大きく動かされる為、頸椎自体や頸椎周辺の筋肉・靭帯・神経・血管などの軟部組織も損傷し、様々な症状を引き起こします。


むち打ちの症状

むち打ちの症状は受傷した当日に現れる事もありますが、翌日以降数日後から症状が現れる場合が多くみられます。
首周辺のこわばりや痛みだけでなはく、寝違えの様な痛みや、めまい・耳鳴り・腕の痛みや痺れとなる事もあります。


むち打ちの後遺症

上記の様に交通事故によるむち打ちは、当日よりも翌日以降数日後に強く現れることが多い為、受傷当日に病院で受診をしても自覚症状が乏しく、さらにレントゲンの画像にも写らず「異常なし」と診断されて、適切な治療を受ける事ができずにその十後数年間もむち打ちの症状に悩まされるといったケースも多くあります。
もし、あなた自身や大切なご家族やご友人が交通事故の被害に遭った場合は、早期に適切な処置を行う事が重要となります。

「久我山南口接骨院」では、豊富な症例数があり、様々な交通事故のケースに対応できます。交通事故によるむち打ちでお悩みならお気軽にご連絡ください。

Good Cureのご案内

住      所:
〒168-0082 東京都杉並区久我山3-24-22 コニファー2階
アクセス:
京王井の頭線 久我山駅南口徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
03-3332-5786
営業時間:
11:00~22:00(最終受付21時)
休業日:
定休日:毎週火曜日(年末年始は短縮営業12時~19時)

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ